しがぎん経済文化センター

すばらしい日本の伝統芸能~歌舞伎の魅力にふれるⅦ

  • 田口 章子
講座番号
44-03
開催日
2019年9月13日(金) ~ 2019年11月22日(金) 全6回
講座時間
金曜日 10:30~12:00

会場

旧大津公会堂(3階ホール)会場のご案内

講座動画

受講料

  一般料金 KEIBUN友の会会員様料金
1講座(全6回) 10,800円(税込) 10,300円(税込)
  • テキスト代、資料代、コピー代など別途いただくことがあります。
  • KEIBUN友の会会員の方は、会員料金10,300円(税込)でお申し込みいただけます。
  • 新たにKEIBUN友の会に入会される方も会員料金でお申し込みいただけます(入会金・年会費無料)。
  • お申し込みには、滋賀銀行のご本人名義が必要です。

その他特記事項

*講師の都合で講座内容、日程が変更になる場合があります。ご了承ください。

お問い合わせ

しがぎん経済文化センター
TEL:077-526-0011
受付:午前9時半~午後5時まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

講座のご紹介

歌舞伎を観たことがなくても楽しめる講座です!なぜ「ここが見せ場」なのか、登場人物に焦点を当て作品の魅力をひも解いていきます。

講座の日程と内容

2019年9月13日(金)
研ぎ辰の討たれ~観客のあなたも群集のひとり
2019年9月27日(金)
すし屋(義経千本桜)~父に認めてもらいたかった
2019年10月11日(金)
桂川連理柵~やさしさが仇になる
2019年10月18日(金)
め組の喧嘩(神明恵和合取組)~誇りを持って生きる
2019年11月8日(金)
封印切(恋飛脚大和往来)~男の意地の果て
2019年11月22日(金)
鳴神(鳴神不動北山桜)~利用された高僧

※講師の都合で講座内容、日程が変更になる場合があります。ご了承ください。

講師

田口 章子
田口 章子

京都造形芸術大学教授 田口章子

東京都生まれ。
学習院大学大学院修士課程修了。文学博士。研究テーマは歌舞伎を中心とした伝統芸能。
『江戸時代の歌舞伎役者』(中公文庫)で芸術選奨文部大臣新人賞受賞。
京都造形芸術大学の公開講座「日本芸能史」をプロデュース。
著書に『歌舞伎から江戸を読み直す-恥と情-』(吉川弘文館)ほか多数。

受講者の声

・歌舞伎が好きで、ただ好きなだけではなく、俳優さんや演目の歴史が知りたくなった。先生の話が小難しくなく理解しやすく楽しいです。
・いろいろな場面での心の動きをテーマにして、如実に物語る様を感じることができる。伝統芸能をあらためて認識していきたいと思う。
・歌舞伎への理解が出来て(少しずつ)親しみ、感動のできる講座、楽しく受けています。