しがぎん経済文化センター

「誰も教えなかった仏教」~お寺や神社の巡り方が変わる~

講座番号
43-06
開催日
2019年4月12日(金) ~ 2019年6月28日(金) 全12回
講座時間
金曜日 10:30~12:00

会場

しがぎん草津ビル(滋賀銀行草津支店)会場のご案内

受付開始前です。

受講料

  一般料金 KEIBUN友の会会員様料金
1講座(全12回) 10,800円(税込) 10,300円(税込)
  • テキスト代、資料代、コピー代など別途いただくことがあります。
  • KEIBUN友の会会員の方は、会員料金10,300円(税込)でお申し込みいただけます。
  • 新たにKEIBUN友の会に入会される方も会員料金でお申し込みいただけます(入会金・年会費無料)。
  • お申し込みには、滋賀銀行のご本人名義が必要です。

その他特記事項

*講師の都合で講座日程が変更になる場合があります。

お問い合わせ

しがぎん経済文化センター
TEL:077-526-0011
受付:午前9時半~午後5時まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

講座のご紹介

コンビニより数の多いお寺。これまで誰も教えてくれなかったお寺の構造や歴史について、ふんだんの写真などを交えて分かりやすく解説します。

講座の日程と内容

2019年4月12日(金)
あなたのお寺は昔、神社だった!?~ムラ社会の中の寺院~
2019年4月26日(金)
路傍の石仏の謎~庚申塔・地蔵・道祖神の見分け方~
2019年5月17日(金)
廃仏毀釈150年目の真実①~滋賀・京都・奈良の神仏分離~
2019年5月31日(金)
廃仏毀釈150年目の真実②~鹿児島では寺がゼロになった~
2019年6月14日(金)
ニッポン珍供養~バッタからサボテンまで弔う日本人~
2019年6月28日(金)
どうする!?あなたのお墓~散骨から永代供養まで~
2019年4月12日(金)
あなたのお寺は昔、神社だった!?~ムラ社会の中の寺院~
2019年4月26日(金)
路傍の石仏の謎~庚申塔・地蔵・道祖神の見分け方~
2019年5月17日(金)
廃仏毀釈150年目の真実①~滋賀・京都・奈良の神仏分離~
2019年5月31日(金)
廃仏毀釈150年目の真実②~鹿児島では寺がゼロになった~
2019年6月14日(金)
ニッポン珍供養~バッタからサボテンまで弔う日本人~
2019年6月28日(金)
どうする!?あなたのお墓~散骨から永代供養まで~

※講師の都合で講座内容、日程が変更になる場合があります。ご了承ください。

講師

宗教ジャーナリスト・正覚寺副住職 鵜飼 秀徳

1974年、京都市生まれ。成城大学文芸学部卒業。新聞社社会部記者を経て、日経BP社に移籍。「日経ビジネス」記者「日経おとなのOFF」副編集長などを歴任後、2018年に独立。著書に『寺院消滅』『無葬社会』など。近著に『「霊魂」を探して』。嵯峨・正覚寺副住職、東京農業大学非常勤講師、浄土宗総合研究所嘱託研究員。

講師

宗教ジャーナリスト・正覚寺副住職 鵜飼 秀徳

1974年、京都市生まれ。成城大学文芸学部卒業。新聞社社会部記者を経て、日経BP社に移籍。「日経ビジネス」記者「日経おとなのOFF」副編集長などを歴任後、2018年に独立。著書に『寺院消滅』『無葬社会』など。近著に『「霊魂」を探して』。嵯峨・正覚寺副住職、東京農業大学非常勤講師、浄土宗総合研究所嘱託研究員。