アーティスト情報






畑中 真理 Mari Hatanaka

音楽 > 管楽器 > クラリネット

滋賀県出身の木管奏者が日本音楽コンクールで入賞。優秀なクラリネット奏者が続出する先陣を切ったのが真理さんだったような気がする。
よき指導者と環境に恵まれ、ここ最近まで、いい意味で競い合い、演奏レベルの高いクラリネット奏者が続出している。その勢いは、クラリネットから木管楽器、そして、全ての楽器パートに及んでいく様子に、大いに将来が楽しみである。
多くの吹奏楽愛好家の皆さんの熱い思いを背負って、今日も真理さんは、演奏を続けるのである。

| プロフィール |

プロフィール

大津市立打出中学校の吹奏楽部でクラリネットを始める。東京芸術大学附属音楽高等学校、東京芸術大学卒業。同大学院修士課程修了。
第63回日本音楽コンクールクラリネット部門第3位入賞。1995年ブラームスホールにおいてリサイタルを開催。第2回ガリバー新世代コンサートに出演。第23回滋賀県新人演奏会にゲストとして出演。これまでに、大津市メモリアルオーケストラ(井上道義:指揮)を始め、東京芸術大学オーケストラ、京都市交響楽団、鹿児島大学管弦楽団などと共演。平成12年度大津市文化奨励賞受賞。
現在、東京フィルハーモニック管弦楽団、ロイヤルチェンバーオーケストラ、東京吹奏楽団のメンバーとして活躍する他、室内楽など、幅広い演奏活動をしている。ミュージックスクールダカーポ講師。聖徳大学音楽科非常勤講師。故三島勝輔、村井祐児、山本正治、若代孝三の各氏に師事。

受賞暦

  第63回日本音楽コンクールクラリネット部門第3位入賞
平成12年度大津市文化奨励賞受賞




Copyright (C) 2008 Shigagin Keizai Bunka Center Co., Ltd, All rights reserved

ページトップへ